リプロダクト家具、有名デザイナーの名作レプリカおすすめの選び方

リプロダクト家具について

リプロダクト家具とオリジナルの違い
現在はリプロダクト家具が世界中のさまざまなメーカーで作られていることもあり、
 
オリジナルとまったく同じなのか?
オリジナルとの違いは?
 
といった疑問については、はっきりと答えられない部分があります。
リプロダクト家具の中には、クオリティーのまったく異なる製品も存在します。
このような製品を比較することがナンセンスだと思われるほどの違いがあると言ってもいいかもしれません。
リプロダクト家具のほかに、オリジナルのデザイナーから引き継いだライセンスを保持しているメーカーもあります。
このような製品は、デザイナーと古くから親交のある有名家具ブランドが製作するケースがほとんどです。
 
また、リプロダクト家具は、オリジナルとは違う材質で作られることもあります。
質感も違うため、リプロダクト家具の購入を考える場合は、スペックを確認して、どのような質感や座り心地になるのか、自分なりに考えてみるといいでしょう。
 
リプロダクト家具のクオリティーについて
リプロダクト家具には、クオリティーのまったく異なる製品も存在するという話をしました。
リプロダクト家具は、さまざまなメーカーが生産し、さらに権利者がいない状態なので、クオリティーをコントロールすることはなかなか難しいのです。
 
しかし、クオリティーの低い製品を高確率で見抜く方法はあります。価格です。
あまりにも低い価格がつけられている製品、たとえば正規品の価格が50万円で、リプロダクトが9800円で販売されていたらどうでしょうか?
あまりにも安い製品は、見た目は同じかもしれませんが、細部の仕上げやパーツに大きな違いがあることも考えられます。
 
クオリティーの高いリプロダクト名作家具は、細部まで忠実に再現されています。
リプロダクト家具と言っても、クオリティーの高い製品を作るためには、それなりのお金がかかるものなのです。
リプロダクト家具ではない普通の家具でも、あまりにも安い製品は避けますよね。家具ですから、それなりの価格はすると考えておけば間違いありません。
 
そうは言っても安さが魅力
あまりにも安いリプロダクト家具は避けるべきですが、そうは言っても、リプロダクト家具の魅力は、なんと言っても安さです。
正規品の10分の1程度の価格で販売されているリプロダクト家具は少なくありません。
オリジナルとは違い、開発にかかる費用がほとんどかからないため、安くなるのは当然のことなのです。