リプロダクト家具、有名デザイナーの名作レプリカおすすめの選び方

リプロダクト家具、有名デザイナーの名作レプリカおすすめの選び方

主に20世紀を代表する有名なデザイナーたちがデザインした名作家具を再生産。
これがリプロダクト家具です。
最近は多くの家具メーカーが、このようなリプロダクト家具を生産していて、インターネット通販などでもかんたんに手に入れられるようになりました。
 
しかし、リプロダクト家具に対する間違った思い込みをしている方も、少なからずいらっしゃるようです。
最近、インターネットでもよく見かけるようになったリプロダクト家具について、どんな物なのか、そしてどんな魅力があるのか考えてみたいと思います。
 

最近よく耳にするリプロダクト家具とは

リプロダクト家具という言葉を耳にしたことがある方は少なくないと思います。
それほどまでにリプロダクト家具という言葉は浸透してきています。
では、その意味はというと、はっきりとは知らないという方も少なくないのではないでしょうか?
直訳するならば「再生産家具」ですが、そこにはいろいろと事情があるのです。
 
リプロダクト家具とは、冒頭でご説明したとおり、主に20世紀の巨匠たちがデザインした「名作」と呼ばれる家具を再生産した製品です。
医薬品にはジェネリックがありますが、考え方は同じです。
意匠権の効力がなくなったデザインはパブリックドメインとして共有の財産になります。
そのため誰でも名作のデザインを使って家具を作れるようになるのです。
 
リプロダクト家具には、このように「意匠権」の効力がなくなった製品を作る関係で、偽物やコピー品という概念は存在しません。
ライセンス等を必要とせず、誰でも自由に作ることができるのです。
 
デザインを模倣した製品が、不当に低い値段で売られることを防ぐために設定されているのが意匠権。
国により権利が保護される期間は違いますが、日本では20年経過後はパブリックドメインに入り、誰もが該当のデザインを使えるようになります。
根底には、意匠権を保護し続けることで、新たな製品が生まれる機会を奪ってしまうとの考え方があります。

リプロダクト家具・イームズチェア通販